バイアグラの医薬品・個人輸入代行通販のおすすめは?口コミで評判はここ!

  1. バイアグラとは?どんな効果がある?
    1. 世界100カ国以上で発売されるED治療薬(インポくすり)
    2. 心因性EDに精神安定剤は効く?性行為できるのか?
  2. バイアグラの種類・ジェネリック医薬品を比較&ED薬ランキング
    1. バイアグラ50mg[有効成分シルデナフィル]
    2. レビトラ[有効成分パルデナフィル]
    3. 日本新薬シアリス[有効成分パルデナフィル](シリアス)
    4. シルダリスト[有効成分シルデナフィル+タダラフィル]
    5. センフォース1000mg[有効成分シルデナフィル]
  3. バイアグラを個人輸入するのは違法?
    1. バイアグラ100mgの処方は認可されていない?
  4. バイアグラを安全に通販する方法とは?早い通販は?
    1. 日本のドラッグストアなどで市販されている?
    2. アマゾン・楽天市場などから買える?
    3. 海外旅行ついでに現地で購入できる?
    4. 関内マリンクリニック・イースト駅前クリニック横浜の評判は悪評だらけ?
    5. オオサカ堂や医薬品アットデパートなど個人輸入代行サイトは?
  5. バイアグラ・ED治療薬の偽物について【最新情報】
    1. インド版レビトラジェネリックのバリフの偽物の見分け方
    2. 本物の国産シアリスを個人輸入できる?
  6. バイアグラの副作用・危険性について
    1. 副作用で失明することがあるからやばい?
  7. バイアグラ代わりにおすすめの増大サプリはコチラ
    1. ヴィトックスα

バイアグラとは?どんな効果がある?

勃起がなかなか起こらない・しっかりとした硬さをキープできず、満足に性行為が行えない勃起機能の低下をED(勃起不全)といいます。

EDの原因として考えられるのが動脈硬化や生活習慣病などで陰茎海綿体に流れ込む血流が悪くなってしまっていること、ストレスやトラウマなどによる心因性のものが考えられます。
他にも飲んでいる薬による副作用でEDが起こることがあります。例えば降圧剤、抗うつ薬・向精神薬、睡眠薬、ホルモン剤などです。
これらの原因が混ざることでEDになってしまう方も居ます。

そして、その治療に用いられるのがバイアグラをはじめとしたED治療薬です。
日本国内ではバイアグラ、レビトラ、シアリスのED治療薬がクリニックで処方されていますし、海外から個人輸入代行サイトを利用して購入されている方もいます。

世界100カ国以上で発売されるED治療薬(インポくすり)

バイアグラはシルデナフィルという有効成分を主成分としていて、日本では1999年1月に承認されて、同じ年の3月より販売されています。当時はCMも放送されていたそうです。
世界でも有名なED治療薬で、100カ国以上で発売されています。

バイアグラは性行為の1時間前に飲んだうえで性的刺激を受けると勃起します。性欲や性的興奮の増進効果はありません。

心因性EDに精神安定剤は効く?性行為できるのか?

EDの原因として心因性のものがありますが、過去の性行為による失敗でトラウマ・緊張してしまうという方の場合に精神安定剤とバイアグラなどのED治療薬を併用することがあるようです。
緊張のあまり性的な刺激が伝わらず、勃起しにくいことがあります。バイアグラの効果も最大限まで発揮されないようです。

徐々に慣れてくると精神安定剤とバイアグラなどED治療薬を併用しなくても、緊張が改善されていきます。

バイアグラの種類・ジェネリック医薬品を比較&ED薬ランキング

バイアグラ50mg[有効成分シルデナフィル]

アメリカのファイザー社から発売が開始され、世界各国で服用されているED治療薬です。
ひし形の青色をした錠剤で性行為の30分~1時間前に飲むことで、4時間ほど作用します。容量は50mgの他に25mgがあります。
また、ファイザー社では錠剤型バイアグラ以外に携帯性に優れた水なしで飲めるフィルムタイプのバイアグラODフィルムも販売しています。

バイアグラは日本でも製造販売承認を取得しているため日本国内でも処方されていますが、ED治療薬は自由診療(保険外診療)なので保険が適用されません。
1錠あたり1,500円から2,000円ほどと高額のため個人輸入代行サイトを利用する方が増えているのですが、偽物が多く出回っているので健康被害の危険性もあります。

レビトラ[有効成分パルデナフィル]

ドイツのバイエル社が販売しているED治療薬でバイアグラと同じように世界各国で販売されていますし、日本でも販売されています。
丸い形をした錠剤でオレンジ色をしています。
バイアグラと比較すると水に溶けやすいという特徴があり、性行為の1時間前に飲むことがすすめられていますが15~30分前でも効果を発揮する場合もあるようです。特に空腹時に飲むと早めに効いてくるそうです。

レビトラも自由診療のため1錠あたり1,500~2,000円ほどで処方されます。

また、クリニックなどから注意喚起されているのですがレビトラのジェネリックには偽物が多くあるので危険だそうです。
そもそもレビトラは特許が有効なので、まだジェネリック医薬品を販売する期間ではありません。つまりレビトラジェネリックの正規品はそもそも存在しないわけです。
個人輸入すると偽物を購入してしまうリスクが大きいので注意してください。

日本新薬シアリス[有効成分パルデナフィル](シリアス)

日本イーライリリー株式会社から発売されたED治療薬で、2020年4月からは製造販売元が日本新薬に変わるそうです。
しずく型のような錠剤でうすいオレンジ色をしています。5mg・10mg・20mgの3種類があります。
20mgだと作用時間は36時間です。ED治療薬のなかでも食事の影響を受けにくいと言われます。
シアリスもレビトラ、バイアグラと同じ自由診療なので1錠あたり1,700~1,800円ほどで処方されています。

バイアグラは食事の影響を受けやすく、空腹時に飲まないと効果が現れる時間が遅くなったり、最大血中濃度も増えにくくなるようです。
そんなバイアグラの欠点が解消されているのがレビトラなのですが、こちらもやや食事の影響を受けるそうです。
そして、シアリスが最も食事の影響を受けにくいED治療薬なのだそうです。
服用するタイミングがプレッシャーになる方に向いています。

シルダリスト[有効成分シルデナフィル+タダラフィル]

インドの製薬会社ダラムが製造販売しているED治療薬で、バイアグラの有効成分シルデナフィルとシアリスの有効成分タダラフィルの両方を含んだハイブリット型のED治療薬でもあります。
以前はシルダリストではなく、シルダリスという名前で販売されていました。赤い色の錠剤で長方形をしています。

バイアグラは空腹時に飲むと即効性があり、シアリスは作用時間が長いという特徴があります。その両方の特徴があるので、シルダリストは早く長く効くED治療薬ですね。
ただ、シルデナフィル100mgとタダラフィル20mgを配合していることで医学的に安全な範囲で服用できないとも言われます。

日本では未承認のED治療薬なので国内のクリニックでは処方されることはないようですが、自己責任で個人輸入することは可能です。

センフォース1000mg[有効成分シルデナフィル]

インドの製薬会社センチュリオン・ラボラトリーズ社が製造販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。
バイアグラと同じシルデナフィルを主成分とし、安価でありながら同等の効果が期待できます。

センフォースは25mg・50mg・100mg・150mgの4種類があり、1000mgは販売されていません。
日本では処方いないようで、個人輸入代行サイトから購入することになりますが偽物も多いので注意してください。

バイアグラを個人輸入するのは違法?

日本でも処方されているバイアグラ25mgと50mgですが、自由診療のため1錠あたりの価格が1,500円~2,000円と高額です。
そのため、個人輸入代行サイトを利用して海外からバイアグラを購入しようとする方が多いようですね。

医薬品を個人輸入すること自体は決まりを守れば違法ではありません。
自分で使用することを目的とし、決められた量を購入することができます。

ただし、バイアグラに関しては個人輸入に危険が伴います。
日本だけでなく世界でも有名なED治療薬のため、世界中で偽物のバイアグラが製造されています。どこの国から発送されたら安全…ということでもないようです。
劣悪な環境で作られた品質の悪いバイアグラを安価で販売していたり、思わぬ健康被害を引き起こすことも考えられます。

なので、基本的にはバイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品を個人輸入しようとするのはおすすめできません。
有名な個人輸入代行サイトを利用しても偽物が紛れていることがあるようです。

バイアグラ100mgの処方は認可されていない?

日本で認可されているバイアグラは25mgと50mgのもので、100mgは認可されていません。
しかし、日本ではない海外では100mgのバイアグラが認可されています。

個人輸入代行サイトを利用すればバイアグラ100mgを日本で処方されるときの金額と同じくらいの価格で購入できてしまいます。
ただ、やはり偽物を購入してしまうリスクが考えられます。

バイアグラを安全に通販する方法とは?早い通販は?

有名な個人輸入代行サイトでも偽物が紛れていることがあるそうなので、安全に早く通販する・手に入れる方法はないのか探してみることにしました。

日本のドラッグストアなどで市販されている?

バイアグラは勃起不全治療薬という医薬品です。国内のドラッグストアや薬局で気軽に購入できるものではありません。
日本国内で手に入れるには、メンズクリニックなどを受診するか遠隔診療で処方してもらうという方法もあるようです。
ただし、自由診療のため1錠あたり1,500円~2,000円とよくある医薬品よりも高額です。

アマゾン・楽天市場などから買える?

医薬品なので国内で利用できる通販サイトからバイアグラを購入することはできません。
病院や遠隔診療で医師の診断を受けてから、薬局で処方してもらう方法または個人輸入代行サイトを利用して海外から輸入するしかありません。

海外旅行ついでに現地で購入できる?

タイやインドなどの薬局で処方箋なしでバイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品などを購入することができるようです。
ただ、やはり偽物が出回っていることはあるようです。特に露店・バイアグラを売りに来る人などからは絶対に購入しないようにしてください。

関内マリンクリニック・イースト駅前クリニック横浜の評判は悪評だらけ?

男性専用クリニックの関内マリンクリニックとイースト駅前クリニックでもED治療が行われています。
なぜか悪評を探している方がいるようですが、口コミ評価も高いクリニックです。

どちらも国内正規品のED治療薬を取り扱いしています。自由診療になるため1錠あたりの価格は高めです。
スマホ診察や遠隔診察を行っていて、遠方からでもED治療薬を処方していただくことができます。

オオサカ堂や医薬品アットデパートなど個人輸入代行サイトは?

個人輸入代行サイトのなかでもとても有名なのがオオサカ堂や医薬品あっとデパートです。
どちらもバイアグラやバイアグラジェネリックを取り扱いしています。日本では認可されていないバイアグラ100mgも購入できます。

すでにクリニックなどでED治療を受けたことがある方であれば個人輸入代行サイトを利用してバイアグラを購入する方法もありかもしれませんが、自己診断でバイアグラを服用するのは危険な場合があります。
特定の病気や服用している薬と飲みあわせてしまうと、健康被害や命に関わるリスクを伴うことがあります。

バイアグラ・ED治療薬の偽物について【最新情報】

世界で有名なバイアグラは世界中で偽物が製造されています。
錠剤の大きさが違う・色が濃い・溶解する速度…など見分ける方法はありますが、偽造されたバイアグラはとても精巧なため見分けるのは困難です。

先発医薬品のバイアグラだけでなく、後発医薬品のバイアグラジェネリックも注意が必要です。
日本のクリニックで処方される正規品であれば心配ないかもしれませんが、個人輸入代行サイトを利用して購入する場合は偽物が送られてくることもあります。

ED治療薬を製造販売している会社が個人輸入代行サイトからバイアグラ、レビトラ、シアリスを購入して正規品か偽造品か調査した結果、偽物も混ざっていたようです。
含まれている成分がデタラメで、命に関わる健康被害のリスクも負います。

本物か偽物か見抜く自信が無い方は個人輸入しないほうが良いかもしれません。

インド版レビトラジェネリックのバリフの偽物の見分け方

インドでは海外で開発された有効成分を、独自の製造方法を利用することでジェネリック医薬品を開発してきたそうです。国際特許が切れていない医薬品のジェネリックも製造販売してきました。

そして、バリフはレビトラと同じ有効成分を使ったジェネリックです。
ただレビトラは国際特許がまだ有効なので、正規のジェネリック医薬品ではない存在のようです。
現在はレビトラの製造販売会社が製造中止を求め、それが認められたため製造はされていないようです。しかし、在庫がある限り海外には販売されているようです。

個人輸入代行サイトなどで偽物が出回っている可能性があります。
本物と偽造品を見分ける方法としてはシートの裏側にある製造年月日などのスタンプ有無、錠剤の文字などがあるようです。
しかし、精巧に作られた偽造品もあるので見分けることに自信がない方は購入しないようにしてください。

本物の国産シアリスを個人輸入できる?

日本国内でも処方されることがあるED治療薬のシアリスも個人輸入することは可能です。
国内のクリニックで処方されるよりも激安で購入することができる可能性がありますが、やはり本物ではない偽造品が販売されているリスクもありますので注意してください。

バイアグラの副作用・危険性について

ED治療薬の医薬品なので、もちろん副作用はあります。
主な副作用として血管拡張によるほてり、頭痛、目の充血、動悸、めまいなどがあるようです。
特に顔のほてり・目の充血はほとんどの方に現れるようですが、効果が発揮されたサインでもあるようです。

偽造品や日本で認可されていないED治療薬の場合は思わぬ健康被害や命に関わるリスクを追う場合があります。

副作用で失明することがあるからやばい?

2014年にオーストラリアの研究チームの結果で、バイアグラの使用量が高くなると視力障害から失明のリスクがあることを発表したそうです。
さらに、米国食品医薬品局(FDA)もバイアグラなどED治療薬が視神経に栄養を送っている血管の血管障害から、視力への悪影響の因果関係を調査しているそうです。

視力ではありませんが、PLAYBOY誌の創設者であるフュー・ヘフナー氏は片方の聴力をバイアグラを飲みすぎて失ったと告白しています。

こういったことから、バイアグラを個人輸入して飲むことはおすすめすることができません。

バイアグラ代わりにおすすめの増大サプリはコチラ

やはりバイアグラは医薬品であり、個人輸入代行サイトを利用してED治療に利用するのは危険が伴います。
自己判断でバイアグラを輸入するのではなく、日本国内で購入できるペニス増大やEDにも役立つヴィトックスαをおすすめします。

ヴィトックスα

メンズサプリのなかでも品質・結果・価格の満足度が高いのがヴィトックスαです。
すでに販売総数80万個を突破し、多くの男の悩みをサポートしていきています。

増大やED改善に必要なシトルリン、アルギニン、亜鉛などをはじめ厳選された天然独自成分を配合しています。
以前販売されていたものよりもシトルリンが2倍になり、さらに100種類以上の植物系・ミネラル系・動物系の成分が追加配合されているので効果が全然違います。
いつまでも若々しくいるために必要な抗酸化作用のある成分であるレスベラトロールも入っています。

価格はまとめ買いするほどお得になり、塗るヴィトックスとのセットも安くなっています。
サプリメントなのでバイアグラのような危険な副作用はありません。

  • バイアグラを試したいけど副作用が不安
  • 偽物を見分けて個人輸入する自信がない
  • いきなりED治療薬を飲むよりサプリを試したい
  • ペニスのサイズアップを望んでいる
  • 直接塗るタイプも試してみたい

このような方はぜひヴィトックスαを試してみてください。
医薬品を輸入する・飲むことが心配、増大効果を感じたいのであればバイアグラよりヴィトックスαが圧倒的におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました